メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪:羽生、高木姉妹、小平にカー娘も!日本は冬季最多のメダル13個獲得

【平昌五輪】花火が打ち上げられ始まった閉会式=平昌五輪スタジアムで2018年2月25日午後8時、手塚耕一郎撮影

平昌五輪

羽生、高木姉妹、小平にカー娘も!日本は冬季最多のメダル13個獲得

 韓国で初の冬季五輪となる第23回平昌大会は2月25日夜、平昌オリンピックスタジアムで閉会式を行った。9日から17日間、史上最大規模の7競技102種目に92カ国・地域などから2900人を超える選手が参加し、熱戦を繰り広げた。日本のメダルは冬季では過去最多だった1998年長野五輪の10個(金5、銀1、銅4)を上回る13個(金4、銀5、銅4)を獲得し、国別のメダルランキングでは11位に入った。

【銅メダル】原大智 フリースタイル男子モーグル(2月12日)

【平昌五輪】モーグル男子予選の1回目で第2エアを決める原大智=フェニックス・スノーパークで2018年2月9日、山崎一輝撮影

 昨年世界選手権代表の原大智(20)=日大=が3位に入り、日本メダル第1号の銅メダル。日本の男子モーグル勢初メダル。ワールドカップでは一度も表彰台に立ったことがない男が、4年に1度の大舞台で会心の滑りを見せた。

【銀メダル】高木美帆 スピードスケート女子1500メートル(2月12日)

【平昌五輪】女子1500メートルで銀メダルを獲得し、ガッツポーズする高木美帆=江陵オーバルで2018年2月12日、佐々木順一撮影

 今季ワールドカップ前半戦4戦全勝の高木美帆(23)=日体大助手=が銀メダル。スピードスケート女子個人種目のメダルは、1998年長野五輪500メートル銅の岡崎朋美以来。「2番というタイムを見た時はうれしさはあった」。ただ、レース後のリンクを回りながら声援を受けると「もうちょっと行けたんじゃないか」という思いがよぎった。ここから高木美の快進撃がはじまる。

【銅メダル】高梨沙羅 ノルディックスキー・ジャンプ女子(2月12日)

【平昌五輪】銅メダルを獲得し、山田いずみコーチに抱きかかえられ涙ぐむ高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月13日、山崎一輝撮影

 高梨沙羅(21)=クラレ=が銅メダル。前回2014年ソチ大会から正式種目となったジャンプ女子で日本勢初のメダルになった。「最後は自分を信じて飛べた。楽しんで飛べたのが一番の収穫」。五輪で飛んだ2本のジャンプに、高梨は心底、満足していた。4位に終わったソチ五輪の後は「つらいこともうれしいこともありながらの4年間だった」。そのすべてを平昌でぶつけられたか、との問いには、声を大きく「はい」と即答した。

【銀メダル】渡部暁斗 ノルディック複合個人ノーマルヒル(2月14日)

【平昌五輪】複合個人ノーマルヒルの後半距離を滑る渡部暁斗=アルペンシア・距離センターで2018年2月14日、山崎一輝撮影

 個人ノーマルヒルで渡部暁斗(29)=北野建設=が2大会連続の銀メダル。首位と28秒差でスタートした後半距離(10キロ)では優勝争いを演じたが、終盤のスプリント勝負で敗れた。4人の先頭集団で迎えた残り1キロを切った急な上り。フレンツェルがスパートを仕掛けると、渡部暁は呼応して食らいつき、2人を振り落とした。最も実力を認めるライバルとの一騎打ち。しかし、なおもスピードを上げたフレンツェルに最後は引き離され「力の差を見せつけられた」と完敗を認めた。結果はソチと同じになったが、正々堂々と戦ったことに表情には充実感が広がる。「日本の皆さんに見てもらい、チャンネルは変えられなかったかな」と笑った。

【銀メダル】平野歩夢 スノーボード男子ハーフパイプ(2月14日)

【平昌五輪】スノーボード男子ハーフパイプ決勝2回目でエアを決める平野歩夢=フェニックス・スノーパークで2018年2月14日、宮間俊樹撮影

 平野歩夢(19)=木下グループ=が2大会続けての銀メダル。雪上競技では史上最年少となる15歳74日で手にしたソチ五輪の銀メダルは「取っちゃったというところがあった」が、今回は「頂点を狙うために練習し、考え込むような4年間だったので、悔しさが自分のどこからくるのかはっきりとわかる」と振り返った。この言葉に、4年間の成長が凝縮されている。

【銀メダル】小平奈緒 【銅メダル】高木美帆 スピードスケート女子1000メートル(2月14日)

【平昌五輪】女子1000メートルを滑り終え、日の丸を掲げそろってウイニングランする銀メダルの小平奈緒(右)と銅メダルの高木美帆(左)=江陵オーバルで2018年2月14日、手塚耕一郎撮影

 今大会の日本選手団主将で世界記録保持者の小平奈緒(31)=相沢病院=が1分13秒82の2位で銀メダル。1000メートルの世界記録保持者にとって「表彰台は必然」と位置付けられたレースで、小平が期待通りの滑りを見せた。高木美帆(23)=日体大助手=も1分13秒98の3位で銅メダルを手にし、12日の同1500メートルに続く二つ目のメダルとなった。日本女子で複数の選手が冬季五輪の同一種目でメダルを獲得するのは初めての快挙。

【金メダル】羽生結弦 【銀メダル】宇野昌磨 フィギュアスケート男子(2月17日)

【平昌五輪】フィギュアスケート男子SPで4回転サルコウを決める羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月16日、宮間俊樹撮影(右から左へ、16枚の写真を合成)

 羽生結弦(23)=ANA=が2014年ソチ冬季五輪に続く連覇を達成。この種目での2連覇は66年ぶりで、日本勢の冬季五輪での個人種目連覇は初めて。宇野昌磨(しょうま)(20)=トヨタ自動車=も2位に入り、日本勢が金、銀メダルを獲得した。「勝ちたい。勝たなきゃ意味ない。この試合は特に。これからの人生でずっとつきまとう結果なので」。羽生はけがをした右足首が完全には癒えていなかったが、それでも4分半、「右足が頑張ってくれた」。演技を終えた瞬間に勝利を確信した。「自分に勝てた」。

【平昌五輪】男子フリーで演技する2位の宇野昌磨=江陵アイスアリーナで2018年2月17日、山崎一輝撮影

 宇野は羽生に勝ちたかった。だが、敗れた。それでも「最後まで自分に負けないいい演技ができた」と満足できた。「(五輪に)僕は特別な思いは持ってなかった。オリンピックを目指して競技をやってないので、一つの試合だった」だから五輪の銀メダルも「他の試合の銀メダルとあまり(違いは)感じない」と正直。

【金メダル】小平奈緒 スピードスケート女子500メートル(2月18日)

【平昌五輪】スピードスケート女子500メートルで2位となり涙を流す李相花(左)の肩を抱く小平奈緒=江陵オーバルで2018年2月18日、佐々木順一撮影

 小平奈緒が従来の五輪記録を0秒34更新する36秒94の新記録で金メダルを獲得した。スピードスケートの日本勢の金メダルは1998年長野五輪の男子500メートルの清水宏保以来2人目で、女子では初。圧倒的な強さで、世界最速の女王に。気圧が高く、記録が出にくい低地のリンクでは史上初の36秒台。「ゴールの先に見える景色を楽しみに準備を進めたい」と語り、臨んだレース。滑り終えると「涙でかすんで皆さんの顔が見えなかった」。そう言って、はにかんだ。

【金メダル】高木菜那・高木美帆・菊池彩花・佐藤綾乃 スピードスケート女子団体追い抜き金(2月21日)

【平昌五輪】女子団体追い抜きで優勝し、笑顔でリンクを回る(左から)菊池彩花、佐藤綾乃、高木菜那、高木美帆=江陵オーバルで2018年2月21日、山崎一輝撮影

 高木美帆、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、高木菜那(日本電産サンキョー)の日本が、五輪記録を1秒72更新する2分53秒89でオランダを降して初優勝。フィニッシュの瞬間、高木美は個人種目ではできなかった派手なガッツポーズを繰り出した。一番欲しかった色のメダルは「自分の力だけじゃなく、みんなだから取れた」。高木菜も、ナショナルチームで急成長した佐藤も、決勝は控えに回ったが、今季大けがから復帰した菊池も。4人は笑みと涙をたたえ、リンクをゆっくり回った。

【金メダル】高木菜那 スピードスケート女子マススタート(2月24日)

【平昌五輪】女子マススタート決勝で金メダルを獲得し、日の丸を掲げる高木菜那=江陵オーバルで2018年2月24日、佐々木順一撮影

 スピードスケートの新種目、女子マススタート決勝で、高木菜那が金メダル。日本女子が同一大会で金を2個獲得するのは夏季を含めて初の快挙。フィニッシュラインを堂々のトップで駆け抜けた高木菜を見た者は、もう彼女を「高木美帆の姉」とは呼ばなくなるだろう。「この種目が始まってから表彰台の一番高い所に上ったことはない。最高のレースができて良かった」と、してやったりの表情を見せた。

【銅メダル】藤沢五月・吉田知那美・鈴木夕湖・吉田夕梨花・本橋麻里 カーリング女子(2月24日)

【平昌五輪】カーリング女子の3位決定戦で銅メダル獲得を決めて喜ぶ藤沢五月(左から2人目)ら日本代表の選手=江陵カーリングセンターで2018年2月24日、宮間俊樹撮影

 女子3位決定戦で、LS北見の日本は英国に5―3で逆転勝ちして、銅メダルを獲得した。この競技で日本勢は初めての表彰台。日本が1点リードで迎えた第10エンド。先攻の藤沢の円心を狙った最後のショットは明らかに短く、負けを覚悟した。しかし相手も重圧を感じていた。逆転を狙った一投のはずが、はじき損なった日本のストーンが円心にぴたりと止まり勝負あり。信じられないといった表情を浮かべる日本の選手たち。藤沢は「これが銅メダルを懸けた試合なんだ」と苦しい勝負を振り返った。「何が起こるか分からないのがカーリング。氷の神様が見ていてくれた」(吉田知)

【平昌五輪】エキシビションのラストで、選手たちが記念撮影する中、リフトされる羽生結弦(上)=江陵アイスアリーナで2018年2月25日、手塚耕一郎撮影