メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

アルペン、距離、ジャンプ 代表選手のコメント

スキージャンプ男子ノーマルヒルでの伊東大貴の1回目の飛躍=アルペンシア・ジャンプセンター2018年2月10日、山崎一輝撮影

 平昌冬季五輪は25日、夜に閉会式が行われ、17日間にわたった大会の幕を閉じる。日本からは124人の選手が参加して熱戦を繰り広げた。閉幕を迎え、日本代表選手が大会を振り返り、今後に向けた思いをコメントした。

(日本オリンピック委員会=JOC=を通じて発表された選手のコメントをご紹介します)

アルペンスキー

石川晴菜(木島病院)

 幼少期からの夢であった世界最高峰の舞台に立つことができ、応援してくださっている方々への感謝の気持ち…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1745文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです