メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

フィギュア 代表選手のコメント

男子フリーの演技を終え、セレモニーで、銀メダルを獲得した宇野昌磨(左)の頭をなでる優勝した羽生結弦=江陵アイスアリーナで2018年2月17日、手塚耕一郎撮影

 平昌冬季五輪は25日、夜に閉会式が行われ、17日間にわたった大会の幕を閉じる。日本からは124人の選手が参加して熱戦を繰り広げた。閉幕を迎え、日本代表選手が大会を振り返り、今後に向けた思いをコメントした。

(日本オリンピック委員会=JOC=を通じて発表された選手のコメントをご紹介します)

フィギュアスケート

羽生結弦(ANA、男子金メダル)

 今までの人生の中で、一番幸せな瞬間をいただきました。ただ前を向き、頂点だけを見て過ごしてきた日々が…

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文2483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです