メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

スケルトン、カーリング、バイアスロン 代表選手のコメント

【日本-韓国】第1エンド、スイープする清水徹郎(左)と山口剛史=江陵カーリングセンターで2018年2月21日、宮間俊樹撮影

 平昌冬季五輪は25日、夜に閉会式が行われ、17日間にわたった大会の幕を閉じる。日本からは124人の選手が参加して熱戦を繰り広げた。閉幕を迎え、日本代表選手が大会を振り返り、今後に向けた思いをコメントした。

(日本オリンピック委員会=JOC=を通じて発表された選手のコメントをご紹介します)

スケルトン

高橋弘篤(フリー)

 目標とするメダル・入賞圏内には遠く及ばず、とても悔しい結果となりました。自分自身だけでなく、日本チ…

この記事は有料記事です。

残り2518文字(全文2726文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです