メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京へ・平昌五輪からみえたもの

/中 氷点下、深夜まで拘束 スタッフの体調ケア課題

平昌五輪のボランティアは、大会中だけでなく開幕前から、早朝から雪が舞う中で活動して大会を支えた=佐々木順一撮影

 10日のノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒルは強風で何度も中断し、競技が終わったのは日付をまたいだ午前0時19分。視察した日本政府関係者は耐えきれず、終了を待たずに立ち去った。ジャンプ台の状態を確認するテストジャンパーを務めた日本の高校生、大学生らが宿泊先に戻ったのは、午前2時ごろだった。

 今大会、フィギュアスケートは午前10時に始まる一方、ジャンプの開始はすべて午後9時半以降。国際オリ…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです