メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

国民栄誉賞、政府どうする メダルラッシュ、羽生は高木姉妹は? 基準なく「さまざまな要素で」

 平昌冬季五輪で日本選手団が史上最多の13個のメダルを獲得したことで、政府が顕彰方法について悩みを深めている。菅義偉官房長官は26日の記者会見で国民栄誉賞の授与を問われ、「五輪も終わったばかり。今すぐではなく、さまざまな要素を考えていく必要がある」と述べた。

 菅氏は選手団について「メダル数はもちろん、入賞者数も含め過去最高の成績だった。東京五輪…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです