メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

ドーピング検査回数増 公平性アピール

 【平昌・谷口拓未】国際パラリンピック委員会(IPC)は5日、平昌冬季パラリンピックでのドーピング検査の回数を、前回ソチ大会の490回から600回に増やす方針を示した。組織的なドーピングのあったロシアから一定の条件を満たした選手が中立のパラリンピック選手(NPA)として出場するが、公平性の担保とその…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. 他人のPCで「無断採掘」無罪 仮想通貨のプログラム設置男性 横浜地裁判決

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです