メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

平昌冬季パラリンピック NHK副音声 臨場感、言葉で見せる

平昌五輪で実施した副音声の中継内容について振り返る桂福点さん(左)と小原茂アナ(中央)ら=東京都渋谷区のNHK放送センターで

視覚障害者も「テレビ囲んで」

 9日開幕の平昌冬季パラリンピックで、NHKは音声多重放送の副音声を活用し、視覚障害者向けの実況中継を放送する。研修を受けたベテランアナウンサーが臨場感あふれる言葉で生中継し、健常者の家族と一緒に「同じテレビを囲んで楽しみたい」という視覚障害者の願いに応えた。五輪・パラリンピックでは初の試みだ。【花岡洋二】

 平昌五輪でも5競技で導入された。パラリンピックではほぼ1日1競技に拡大される。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1161文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]