メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
ともに・2020バリアーゼロ社会へ

平昌冬季パラリンピック NHK副音声 臨場感、言葉で見せる

平昌五輪で実施した副音声の中継内容について振り返る桂福点さん(左)と小原茂アナ(中央)ら=東京都渋谷区のNHK放送センターで

視覚障害者も「テレビ囲んで」

 9日開幕の平昌冬季パラリンピックで、NHKは音声多重放送の副音声を活用し、視覚障害者向けの実況中継を放送する。研修を受けたベテランアナウンサーが臨場感あふれる言葉で生中継し、健常者の家族と一緒に「同じテレビを囲んで楽しみたい」という視覚障害者の願いに応えた。五輪・パラリンピックでは初の試みだ。【花岡洋二】

 平昌五輪でも5競技で導入された。パラリンピックではほぼ1日1競技に拡大される。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです