メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

バイアスロン 故郷の復興、私の力 阿部、被災「人生の転機」

日本代表チームの強化合宿でトレーニングに取り組む阿部友里香=札幌市で2017年12月、福島祥撮影

 9日に開幕する平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックに出場する岩手県山田町出身の阿部友里香(22)=日立ソリューションズJSC=はスキーを始めた直後、東日本大震災で自宅を失った。親元を離れて競技を続け、帰省するたびに感じる地元の復興を力にしてきた。「私が試合で競っている姿を見て、なにか感じてもらえたら」。故郷への思いを胸に、距離とバイアスロンでメダル獲得を目指す。

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文897文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]