メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

アイスホッケー 静岡・三島市職員、守護神に 望月、裾野拡大へ「まず1勝」

日本代表のユニホームを着てゴールを守る望月=日本パラアイスホッケー協会提供

 平昌パラリンピックのパラアイスホッケー(IH)に静岡県三島市職員の望月和哉(36)が日本代表ゴールキーパー(GK)として出場する。パラアイスホッケーは競技人口が少なく選手の高齢化も深刻で、パラリンピック初挑戦の望月は「1勝することで関心が集まり、競技を始めたい人が増えてくれれば」と使命感を胸に大舞台へ臨む。

 長野県岡谷市のスケートリンク。ある土曜の朝、望月はシュートを受ける練習に励んでいた。GKは時速10…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです