メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

スピードスケート ドーピング問題 保存液に禁止物質なし

 平昌冬季五輪のドーピング検査でショートトラックの斎藤慧(神奈川大)が陽性反応を示した禁止物質のアセタゾラミドが、海外製のコンタクトレンズの保存液に含まれていた可能性があると指摘があった件で、日本コンタクトレンズ協会は7日までに、同協会加盟の会社が製造、販売する全てのコンタクトレンズの保存液に、この…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]