メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

スピードスケート ドーピング問題 保存液に禁止物質なし

 平昌冬季五輪のドーピング検査でショートトラックの斎藤慧(神奈川大)が陽性反応を示した禁止物質のアセタゾラミドが、海外製のコンタクトレンズの保存液に含まれていた可能性があると指摘があった件で、日本コンタクトレンズ協会は7日までに、同協会加盟の会社が製造、販売する全てのコンタクトレンズの保存液に、この…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです