メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

きょう開幕 県ゆかりの選手に期待 出身者ら12人出場 /長野

3大会連続の金メダルが期待される狩野亮選手=宮武祐希撮影

 平昌パラリンピックが9日、開幕する。出身だったり、練習拠点を置いたりする県ゆかりの選手は12人が出場する。最多出場はパラアイスホッケーの吉川守選手(中部電力)で5大会目の出場となる。平昌五輪で県勢は金3、銀2の5個のメダルを獲得した。パラリンピックでも活躍が期待される。

 最も注目が集まるのは前回大会、滑降とスーパー大回転の2種目で金メダルを獲得したアルペンスキー男子の狩野亮選手(マルハン)。今回が4大会連続の出場で、2010年バンクーバー大会でもスーパー大回転で金に輝いており、3大会連続の頂点を目指す。

 2大会ぶり出場のパラアイスホッケーも見逃せない。岡谷市のやまびこスケートの森アイスアリーナに拠点を…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文654文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  2. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]