メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

リオ走り幅跳び銀、スノボ代表に 山本、夏冬の二刀流 1年半「無謀」を実現

リオデジャネイロ・パラリンピック陸上男子走り幅跳びで、銀メダルを獲得=2016年9月17日、徳野仁子撮影

 【平昌(ピョンチャン)・福島祥】2008年北京、16年リオデジャネイロ両パラリンピックの陸上男子走り幅跳び銀メダリスト、山本篤(35)=新日本住設=が、平昌冬季大会のスノーボードで夏冬の「二刀流」に挑む。本格的に競技に取り組み始めてから、わずか1年半。日本一有名な義足のジャンパーが、雪上で新たな可能性を追う。

 山本がスノーボードに出合ったのは、中学1年生の家族旅行。それ以降、友人らとよく滑りに出掛けた。高校…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1001文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]