メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピックで輝け

パラアイスホッケー 須藤主将に熱い応援 中標津で観戦会 /北海道

パラアイスホッケー韓国戦で1点を返し、拍手する町民ら=中標津町で

 平昌冬季パラリンピックは10日、パラアイスホッケー予選リーグなどが行われ、初戦で韓国と対戦した日本代表チームの須藤悟主将(47)=北海道ベアーズ所属=が暮らす中標津町では町民らによる観戦会が開かれた。

 須藤は今大会で4回目の出場。勝利を願う横断幕が用意され、町民らは熱い応援を送った。

 しかし韓国が終始リードし、日本チームは…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文302文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです