メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

アイスホッケー 1次リーグ 山場の初戦、日本完敗 数的有利、焦って逸機

 (第2日)

 焦る気持ちが裏目に出た。1点を追う第2ピリオド。相手エースが反則で一時退場となり、数的有利な状況でFW熊谷がシュートを放つもゴールキーパーに止められる。こぼれ球をDF須藤がたたくも決めきれない。さらに韓国が反則を重ね、日本が2人多い状況でも「ここで決めなきゃという気持ちから時間を有効に使えなかった」と須藤。パスがつながらず、最大の好機を生かすことができなかった。

 メダル獲得に向けて今大会最大の山場と位置づけていた初戦。格上の韓国に対して、第1ピリオドの入りはこ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです