メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

アイスホッケー 唯一の女子、迫力プレー ノルウェーのシュローダー

ノルウェーのレナ・シュローダー選手=長野県長野市で2018年1月13日、宮武祐希撮影

 【平昌・福島祥】「氷上の格闘技」とも呼ばれるパラアイスホッケーに、一人だけ女子選手が出場している。ノルウェー代表の医学生、レナ・シュローダー(24)だ。女子のパラアイスホッケーは各国で普及が進みつつあり「世界各国の女子選手たちが男子に交じっても、女子チームでもプレーできることを伝えたい」と話す。

 13日の対スウェーデン戦。シュローダーは今大会で初出場した。得点に絡む場面はなかったが、パックを追う相手チームの男子選手をスレッ…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです