メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

障害受け入れ奮闘 ラグビーから転身、アルペン立位・本堂

平昌冬季パラリンピックを前に日本代表合宿に参加する本堂杏実=長野県上田市で2018年2月5日午前8時54分、谷口拓未撮影

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックにアルペンスキー女子立位で出場している本堂杏実(あんみ)(21)=日体大=は、ラグビーから転身した異色の経歴を持つ。本格的に競技を始めて約1年5カ月。パラリンピックに挑戦することで、以前は引け目に感じていた障害を受け入れられるようになった。

 本堂は生まれつき左手の指がないが、両親は何事にも挑戦させた。5歳でラグビーを始め、高校時代の2014年には国際大会「サニックスワールドラグビーユース交流大会」の女子7人制で関東選抜の優勝に貢献した。

 タックルが持ち味で日体大にはラグビーで進学。スキーの競技経験はなかったが、高い身体能力などを見込ま…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文633文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表 事業終了を決定
  5. 寝屋川中1殺害 「2人に声かけなければ」遺族に被告謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです