メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

駐車場、配線…選手村からの「東京」への提言

選手村の食堂の段差を越えるパラアイスホッケー日本代表の上原大祐=韓国・平昌で2018年3月8日午後2時40分、谷口拓未撮影

避けたいバリアーを探る

 平昌冬季パラリンピックの各国選手団が拠点とする選手村はバリアフリーで、日本選手はおおむね好意的な意見を寄せる。その中で課題を指摘する車椅子利用者のパラアイスホッケー日本代表、上原大祐(だいすけ、36)=NEC=に意見を聞いた記者が「メディアツアー」に参加。2020年東京五輪・パラリンピックでは避けたいバリアーを探った。【平昌・谷口拓未、福島祥】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです