メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

活躍支える技術者集団 13カ国から義肢装具士ら30人

韓国の技術者(左)と一緒に車椅子の修理作業を行う高橋俊潤さん=韓国・平昌で2018年3月7日午前10時15分、福島祥撮影

 【平昌・福島祥】平昌冬季パラリンピックの選手村で、独に本社を置く医療福祉機器メーカー「オットーボック」が選手たちの車椅子や義手、義足などの修理を無料で行っている。1988年のソウル夏季大会以降、すべての大会に義肢装具士らを派遣して30年になる。今大会も世界13カ国から30人のスタッフが集結し、選手の活躍を裏で支える。

 選手村の一角でオットーボックが運営する「修理サービスセンター」。中に入ると、正面奥に大きな作業台を…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽療法研修会 来月2日、札幌で /北海道
  2. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  3. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  4. 首相 トランプ氏のノーベル平和賞推薦、否定せず 「コメントは控える」
  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです