メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

勤務先社長が全面支援 スノーボード・小栗大地(37)

スノーボード男子クロス決勝トーナメント準々決勝で滑る小栗大地(右)=旌善アルペンセンターで2018年3月12日、宮武祐希撮影

 【平昌(ピョンチャン)・福島祥】平昌冬季パラリンピックスノーボード日本代表の小栗大地(37)は、名古屋市の板金会社「三進化学工業」で働きながら競技に取り組む。32歳の時に作業中の事故で右足を失い、約1年半前からパラリンピックを目指して国際大会に出場し始めた。挑戦を後押ししたのは、勤務先の近藤伸泰社長(49)。競技用義足代から遠征費まで全面的にサポートした。

 小栗は今大会、スノーボード2種目にエントリーした。一つ目のスノーボードクロスが行われた12日、旌善…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです