メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラスポーツからの贈りもの

障害忘れる圧巻プレー=越智貴雄

躍動するオランダ選手。右奥は日本の小栗=写真家・越智貴雄さん撮影

 今大会の開幕前、韓国の記者に、地元でのパラリンピックの盛り上がりについて尋ねた。返ってきた答えは、「多くの人は関心がない。エキサイティングだと思っていないからだ」。一方で、「1988年ソウル・パラリンピックは障害に対する人々の意識が変化する機会になった」という指摘もあった。

 私自身は取材のたびに興奮し、選手のかっこよさを感じている。

 大会第4日、スノーボードクロスでは、会場で何度も歓声が巻き起こった。コブがある急斜面を下りながら大…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです