メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラスポーツからの贈りもの

障害忘れる圧巻プレー=越智貴雄

躍動するオランダ選手。右奥は日本の小栗=写真家・越智貴雄さん撮影

 今大会の開幕前、韓国の記者に、地元でのパラリンピックの盛り上がりについて尋ねた。返ってきた答えは、「多くの人は関心がない。エキサイティングだと思っていないからだ」。一方で、「1988年ソウル・パラリンピックは障害に対する人々の意識が変化する機会になった」という指摘もあった。

 私自身は取材のたびに興奮し、選手のかっこよさを感じている。

 大会第4日、スノーボードクロスでは、会場で何度も歓声が巻き起こった。コブがある急斜面を下りながら大…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです