メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラスポーツからの贈りもの

障害忘れる圧巻プレー=越智貴雄

躍動するオランダ選手。右奥は日本の小栗=写真家・越智貴雄さん撮影

 今大会の開幕前、韓国の記者に、地元でのパラリンピックの盛り上がりについて尋ねた。返ってきた答えは、「多くの人は関心がない。エキサイティングだと思っていないからだ」。一方で、「1988年ソウル・パラリンピックは障害に対する人々の意識が変化する機会になった」という指摘もあった。

 私自身は取材のたびに興奮し、選手のかっこよさを感じている。

 大会第4日、スノーボードクロスでは、会場で何度も歓声が巻き起こった。コブがある急斜面を下りながら大…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです