メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
平昌パラリンピック2018

ノルディックスキー 男子10キロクラシカル立位 新田佳、金

距離男子10キロクラシカル(立位)でフィニッシュする新田佳浩=アルペンシア・バイアスロンセンターで2018年3月17日、宮武祐希撮影

 【平昌(ピョンチャン)・長田舞子】平昌冬季パラリンピックは第9日の17日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(37)=日立ソリューションズ=が優勝し、2冠に輝いた2010年バンクーバー大会以来、2大会ぶりの金メダルを獲得した。新田佳は今大会、スプリント・クラシカル銀に続くメダル。今大会の日本勢のメダルは9個(金3、銀3、銅3)になった。

 アルペンスキー男子回転が行われ、座位の鈴木猛史(29)=KYB=は1回目で転倒し、途中棄権した。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文837文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです