メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

平昌パラリンピック 雪上に興奮と歓声

男子スーパー複合(立位)のスーパー大回転で、バランスを失い転倒するジョンティ・オカラガン(豪)。このあと自力で滑り降りた=旌善アルペンセンターで2018年3月13日、宮武祐希撮影

 パラアスリートたちの熱戦が続く平昌冬季パラリンピック。

 今大会は冬季史上最多の49カ国・地域から約570選手が出場。

 政治問題で揺れる北朝鮮選手にも、地元応援団が温かい声援を送るなど、大会全体を盛り上げようとする熱気が伝わってくる。平昌五輪では寒さが話題となったが、3月中旬を過ぎると、凍っていた川…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです