メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

ノルディックスキー距離・クラシカル立位 新田佳浩 コーチと年200日、ともに駆け抜け

合宿で新田佳浩(左)と並んで滑る長浜一年ヘッドコーチ=札幌市で、谷口拓未撮影

「4年計画」成就

 【平昌・谷口拓未】平昌冬季パラリンピックのノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で金メダルを獲得した新田佳浩(37)=日立ソリューションズ。2014年ソチ大会後から指導してきたのが、日本代表の長浜一年(かずとし)ヘッドコーチ(48)だ。年200日以上を共に過ごし、新田は「長浜コーチがいなければ、僕はこの舞台に立っていない。非常に頼れる存在」と感謝した。

 長浜コーチは距離の選手として1994年リレハンメル、98年長野と2度の五輪に出場。14年ソチ五輪で…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです