メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位、新田佳が金

 【平昌(ピョンチャン)・長田舞子】平昌冬季パラリンピックは第9日の17日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(37)=日立ソリューションズ=が優勝し、2冠に輝いた2010年バンクーバー大会以来、2大会ぶりの金メダルを獲得した。新田佳は、今大会スプリント・クラシカル銀に続くメダル。今大会の日本勢のメダルは9個(金3、銀3、銅3)になった。

 アルペンスキー男子回転が行われ、座位で前回ソチ大会金メダリストの鈴木猛史(29)=KYB=は1回目…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです