メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位、新田佳が金

 【平昌(ピョンチャン)・長田舞子】平昌冬季パラリンピックは第9日の17日、ノルディックスキー距離男子10キロクラシカル立位で、新田佳浩(37)=日立ソリューションズ=が優勝し、2冠に輝いた2010年バンクーバー大会以来、2大会ぶりの金メダルを獲得した。新田佳は、今大会スプリント・クラシカル銀に続くメダル。今大会の日本勢のメダルは9個(金3、銀3、銅3)になった。

 アルペンスキー男子回転が行われ、座位で前回ソチ大会金メダリストの鈴木猛史(29)=KYB=は1回目…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文879文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  3. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです