メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

バイアスロン 佐藤、健闘8位

 (第8日)

 2016年リオデジャネイロ夏季大会のパラトライアスロンに続いての出場となった佐藤は、男子15キロ立位で自身最高の8位と健闘した。修正力を発揮して射撃の命中率を85%にまとめたが「メダルを目指していた」と顔をしかめた。

 5発の射撃を4度行い1発外すごとに自身のタイムに1分が加算されるため、ノーミスで走力を補おうとしたが、1度目の射撃で2発外した。だが冷静さを失わず狙いを修正し、その後は計15発中14発を当てた。悔やんだのはレース前の照準調整。風に合わせて右寄りにしたが読み切れていなかっ…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです