メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

スノーボード 輝く緑夢に感涙 支援の会社社長、がん克服の長男と重ね

金メダルが決まり、笑顔を見せる成田=旌善アルペンセンターで2018年3月16日、宮武祐希撮影

 【平昌・長田舞子】スノーボードのバンクドスラロームで、金メダルを獲得した成田緑夢(24)=近畿医療専門学校=に小児がんを克服した長男の姿を重ね、手を差し伸べた人がいる。携帯電話関連品会社「サンクレスト」(東大阪市)の植田実社長(64)。成田にスポンサー先を紹介し、パラリンピック出場の後押しをした。「子どもたちのヒーローが誕生してほしい」という植田社長の願いを、成田が実現させた。

 2人が出会ったのは2016年10月。植田社長が若者の金銭的支援を目的に、13年から毎年開催している…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1259文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです