メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

バイアスロン 男子15キロ立位 佐藤8位、修正力発揮

 (第8日)

 2016年リオデジャネイロ夏季大会のパラトライアスロンに続いての出場となった佐藤は、男子15キロ立位で自身最高の8位と健闘した。修正力を発揮して射撃の命中率を85%にまとめたが「メダルを目指していた」と顔をしかめた。

 5発の射撃を4度行い1発外すごとに自身のタイムに1分が加算されるため、ノーミスで走力を補おうとしたが、1度目の射撃で2発外した。だが冷静さを失わず狙いを修正し、その後は計15発中14発を当てた。悔やんだのはレース前の照準調整。風に合わせて右寄りにしたが読み切れていなかった。「体の…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです