メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラリンピック2018

日本、若い力が躍動 目標超える2桁メダル 世代交代や強化態勢、課題も

参加国の国旗で彩られた閉会式会場=平昌五輪スタジアムで2018年3月18日午後、宮武祐希撮影

 (最終日)

 平昌冬季パラリンピック最終日の18日、アルペンスキーは2回の合計タイムで争う女子回転が行われ、座位の村岡桃佳(早大)が2位となり、全5種目でメダルを獲得した。冬季大会では日本勢の1大会単独最多となる5個目のメダル。今大会で日本勢は合計10個のメダル(金3、銀4、銅3)を獲得。海外開催の大会で最多の11個を記録した2010年バンクーバー大会以来となる2桁に乗せた。

 村岡は1回目で1秒86差の2位につけた。2回目はコース途中で転倒したが、滑りきった。立位の本堂杏実…

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです