メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ北海道

皆の「思い」力に滑走 道の産官学連携、シットスキー開発 平昌パラ距離・座位、新田のんの選手 /北海道

 【平昌・福島祥】平昌冬季パラリンピックに出場した新田のんの選手(21)=北翔大=は、2年前にスキーを始めたばかり。今大会はバイアスロン2種目と距離2種目の計4種目にエントリー。地元・北海道の産学官が連携して開発したシットスキーを使い、新田選手を0歳の頃から知る理学療法士のサポートを受け、試合に臨んだ。

 新田選手は生まれた時から下半身にまひがある。小学生の頃から車椅子マラソンに取り組み、国体で2連覇を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです