メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火リレー、「被災地に重点」確認

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は23日、東京都内で聖火リレーの基本方針を定める検討委員会を開き、都内や東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県を重点的に巡ることを改めて確認した。4月上旬にも関係機関のトップがそろう聖火リレー調整会議を開き、各都道府県の日数やスタート地点などを議論し、大枠を公表する。

 大枠については、都や組織委、国、日本オリンピック委員会(JOC)などが集まる通常の調整会議に全国知…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです