メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

選手優先の大会運営を=鈴木大地

 2020年東京五輪・パラリンピックの直前大会となる平昌冬季大会を視察、激励してきた。五輪では現地に到着早々、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)の連覇に立ち会うことができた。卓越した競技力はもちろんだが、世界中に彼のファンが広がっていることに驚いた。五輪・パラリンピックはとかく国・地域別のメダル獲得競争になりがちだが、スポーツが持つ力は国境を超えることに改めて気付かされた。

 スピードスケート女子500メートルで念願の五輪金メダルを射止めた小平奈緒(相沢病院)は、レース後の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです