メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

選手優先の大会運営を=鈴木大地

 2020年東京五輪・パラリンピックの直前大会となる平昌冬季大会を視察、激励してきた。五輪では現地に到着早々、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)の連覇に立ち会うことができた。卓越した競技力はもちろんだが、世界中に彼のファンが広がっていることに驚いた。五輪・パラリンピックはとかく国・地域別のメダル獲得競争になりがちだが、スポーツが持つ力は国境を超えることに改めて気付かされた。

 スピードスケート女子500メートルで念願の五輪金メダルを射止めた小平奈緒(相沢病院)は、レース後の…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文932文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 殺人 81歳男性、背中刺され死亡 滋賀・長浜
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 訃報 田中信夫さん 83歳=声優、サンダース軍曹役
  5. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです