メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

11万人、みんなの五輪 ボランティア愛称、東京も

募集するボランティアの役割と人数の目安

ロンドン「ゲームズメーカー」/平昌「パッションクルー」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は28日、ボランティアの募集要項案を公表した。今後、独自の愛称を付けた上で9月中旬から計約11万人のボランティアの募集を開始する。

 東京五輪では過去最多の33競技339種目が実施される。大会の顔と呼ばれるボランティアを抜きにした運営は難しく、参加意識をいかに高めるかが課題となっている。その一環が独自の愛称だ。

 12年ロンドン五輪ではボランティアを「ゲームズメーカー(大会を作る人々)」と名付け、大会運営の一翼…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1122文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  3. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです