メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外JOC竹田会長が退任表明 6月の任期満了で
20年東京五輪・パラリンピック

11万人、みんなの五輪 ボランティア愛称、東京も

募集するボランティアの役割と人数の目安

ロンドン「ゲームズメーカー」/平昌「パッションクルー」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は28日、ボランティアの募集要項案を公表した。今後、独自の愛称を付けた上で9月中旬から計約11万人のボランティアの募集を開始する。

 東京五輪では過去最多の33競技339種目が実施される。大会の顔と呼ばれるボランティアを抜きにした運営は難しく、参加意識をいかに高めるかが課題となっている。その一環が独自の愛称だ。

 12年ロンドン五輪ではボランティアを「ゲームズメーカー(大会を作る人々)」と名付け、大会運営の一翼…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1122文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  4. 「いだてん」ピエール瀧容疑者の代役は三宅弘城さん
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです