メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 毎日新聞社が進めるバリアーゼロ社会実現キャンペーン「ともに2020」などに提言を求める「毎日ユニバーサル委員会」の第3回座談会が6日、東京都千代田区の毎日新聞東京本社であった=写真・宮本明登撮影。

     平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックを取材した毎日新聞記者が「車いす用の長すぎるスロープなど、配慮が足りなかった」と状況を報告。東洋大教授の川内美彦委員は「形だけ入れている印象だ」と述べ、ANA総合研究所副社長の河本宏子委員は「一連の動線の中で(バリアフリーの要素を)そろえなければいけない」と指摘した。

     日本パラリンピアンズ協会会長の河合純一委員は「選手の意見は東京大会組織委員会でも共有してほしい」、スポーツ庁長官の鈴木大地委員の代理で出席した今里譲スポーツ庁次長は「(選手らが)どんな動きをするのか、事前に意見を吸い上げることが重要」と述べた。元総務事務次官の桜井俊委員は「IT(情報技術)をユニバーサルに使える環境づくりが必要」とも強調した。【芳賀竜也】

        ◇

     座談会の詳報は30日に掲載します。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです