メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

五輪連覇 羽生結弦選手 一目ぼれ/守ってあげたい

羽生結弦選手のアイスショーで、手作りの応援バナーを掲げる中国人留学生たち。王月辰さん(前列左)は「いつも努力している羽生選手が好き」と話す=東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで4月15日、斎藤義彦撮影

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手(23)。仙台市で4月にあったパレードには約10万8000人のファンが集まった。なぜ彼に熱中するのだろう。

 「何とか間に合った!」

 奈良県に住む看護師の女性(50)が声を弾ませた。4月中旬、東京都調布市であった羽生選手による凱旋(がいせん)のアイスショー。女性は開始5分前、会場に滑り込んできた。羽生ファンである友人の家に泊まり、別の知人からチケットを譲り受けた3日間の全公演の最終日。子どもと夫が待つ自宅に早く戻れるようにと、荷物を置きにJR東京駅に寄ったため、ギリギリになった。

 3日間で計2万7000人が詰め掛けたファンの、実に9割が女性だった。女性用トイレには長蛇の列ができ…

この記事は有料記事です。

残り1506文字(全文1848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです