メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

海外補助犬に証明書 提言受け厚労省対応へ 東京五輪・パラに向け

2020年東京五輪・パラリンピックに向けたシンポジウム=衆院第1議員会館で2018年5月22日、高尾具成撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックで海外から多くの補助犬使用者が来日することを控え、補助犬関連団体などが22日、日本の補助犬と同じ扱いを受けられる証明書の発行制度を創設するよう厚生労働省に提言した。補助犬に該当しないと判断された場合、同伴して交通機関や競技場などの施設を利用できない可能性があるため。厚労省は提言に沿って対策を進める方針。【高尾具成】

 日本では、補助犬は身体障害者補助犬法で盲導犬、介助犬、聴導犬と定義され、訓練を経て公的機関で認定・…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文718文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]