メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

マラソンコース、選手も観客も熱中症対策を

マラソンコース

 東京五輪のマラソンコースにはほとんど日陰がなく、熱中症のリスクが懸念される。午前7時にスタートしたとしても、コースの約8割で熱中症患者が急増する「厳重警戒レベル」を超える暑さになるとの研究結果もあり、選手だけでなく観客も含めた熱中症対策が必要となる。

 樫村修生・東京農業大教授(環境生理学)らの研究チームは2012~15年の7月24日~8月9日の気象データを利用し、大会期間中のマラソンコース上の「暑さ指数」を5キロごとに試算した。暑さ指数は気温や湿度、日射などを考慮して熱中症の発症リスクを示すもので、指数が28度を超えると熱中症患者が急増…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです