メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

マラソンコース、選手も観客も熱中症対策を

マラソンコース

 東京五輪のマラソンコースにはほとんど日陰がなく、熱中症のリスクが懸念される。午前7時にスタートしたとしても、コースの約8割で熱中症患者が急増する「厳重警戒レベル」を超える暑さになるとの研究結果もあり、選手だけでなく観客も含めた熱中症対策が必要となる。

 樫村修生・東京農業大教授(環境生理学)らの研究チームは2012~15年の7月24日~8月9日の気象データを利用し、大会期間中のマラソンコース上の「暑さ指数」を5キロごとに試算した。暑さ指数は気温や湿度、日射などを考慮して熱中症の発症リスクを示すもので、指数が28度を超えると熱中症患者が急増…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです