メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

体操採点にAIの目 高難度の技解析 東京五輪で実用化?

3Dレーザーセンサーを活用した体操の採点支援システムの画面。選手の動きをあらゆる角度から解析できる=富士通提供

 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、人工知能(AI)やハイテクを競技の採点や選手強化に活用する動きが加速している。動作解析や練習用具に試験的に導入しており、世界に通じる日本の技術力が五輪での飛躍につながるか。【円谷美晶、小林悠太】

 東京体育館(東京都渋谷区)で5月19、20日にあった体操のNHK杯。会場では白井健三(日体大)ら複雑な技を披露する選手の動きを立体的に解析する「3Dレーザーセンサー」によるデータ収集が行われた。富士通が国際体操連盟と提携して開発中の採点支援システムで、東京五輪での実用化が目標だ。

 同社によると、自動車用のセンサー技術とリハビリ用の骨格認識技術を合わせて開発。選手に毎秒230万点…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文778文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 予定通りリュウグウ到着へ 軌道制御に成功
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 小林麻央さん 麻耶“お願い”、海老蔵と交際などの「報道出ないよう見守って」 偲ぶ会でスピーチ(スポニチ)
  5. LCC 「成田-東南アジア」開設続々 「中長距離」競争激化へ 日航や全日空巻き込み /千葉

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]