メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

セルビア料理のプロ向け講習会 防府 /山口

 2020年東京五輪・パラリンピックのセルビア代表バレーボールチームの事前合宿を受け入れる防府市で8日、プロの料理人向けのセルビア料理講習会があった。

     飲食店などで提供してもらい、市民の異文化理解促進につなげようと、市ホストタウン推進事業実行委が初企画して、市内のレストランやホテルから22人が参加した。

     講師は駐日セルビア大使秘書の長門ティヤナさん(41)。母国のレストランで必ず注文するという、クリームチーズを豚肉で巻いた揚げ物「カラジョルジェバ・シュニッツラ」、パプリカやトマトを蒸し煮した家庭料理など4品の作り方を実演した。材料の分量や焼き加減を分かりやすく説明し、参加者は写真を撮りながら熱心にメモしていた。

     試食した地元レストランのマネジャー、上田幸司さん(39)は「素材のうまみが生かされている。ぜひ店で出したい」と話していた。【脇山隆俊】

    〔山口版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. 堺・男性殺害 逮捕の姉 弟の妻中傷するビラ、近所にまく
    4. 銀魂 実写版続編に三浦春馬&窪田正孝“参戦”! 伊東鴨太郎、河上万斉のビジュアル公開
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]