メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

ダブルス強化実り五輪に弾み 日本ペア準V

女子ダブルスで準優勝となった穂積絵莉(左)、二宮真琴組=AP

 2020年東京五輪に向けた日本テニス協会によるダブルス強化策が、実を結びつつある。パリのローランギャロスで10日に行われた全仏オープン女子ダブルス決勝。日本選手同士のペアとして4大大会で同種目初の決勝に臨んだ穂積絵莉(24)、二宮真琴(24)組(橋本総業)は敗れはしたが健闘した。

 日本協会は10年7月、五輪の金メダル獲得を目標とするプロジェクト「G-project」を発表。対象は女子ダブルスで、年齢や将来性などを考慮し強化対象を選んだ。日本協会によると、2人も合宿に参加するなど、集中的にダブルスの練習に取り組んできたという。

 12年ロンドン五輪で日本女子は一人も出場できず、プロジェクトは修正を迫られたが、ダブルス強化の姿勢…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです