メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの ヒーローがライバル=越智貴雄

サーブを放つ真田(左)と厳しいコースのボールを返す国枝=5月に開催されたジャパンオープンで、写真家・越智貴雄さん撮影

 実に11年ぶりの快挙だ。3日に行われた車いすテニスの世界国別対抗戦「ワールドチームカップ」男子決勝。日本と英国が対戦し、第1試合は、世界ランキング8位の真田卓(凸版印刷)がリオデジャネイロ・パラリンピック金のリードに逆転勝ち。第2試合は世界ランキング3位の国枝慎吾(ユニクロ)が1位のヒューイットにストレート勝ちし、第3試合のダブルスを待たずに優勝を決めた。大金星をあげた真田はフォアストロークでは世界一のスピードを持つ。性格は本人が言うには「人見知り」。しかし、雑談をしてみると、とても面白く…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです