メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

スポーツ・フィールドワーク 悪質タックル問題 自主性阻む服従関係=友添秀則

 日本大アメリカンフットボール部による悪質タックルは、指導者と選手との絶対的な服従関係が引き起こしたと言える。今回は2年後に迫る東京五輪に向け、選手とともに戦う指導者のあり方について考えたい。

 社会では弱者に合わせてセーフティーネットを構築していくが、スポーツ界では強者が優先されることが多い。体力があり、気が強く、スキルのある人たちがトップに就くと、命令と服従によるピラミッドの関係が容易に生まれる。内田正人前監督が直接選手に十分な指示をせず、井上奨(つとむ)元コーチを介していたことが組織の体質を物語っている。

 それでは選手の自主性は育たず独創的な戦術が生まれることは、まずない。練習こそ自発的でなければならな…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです