メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

メキシコ女子ソフト選手、合宿満足 地元住民と交流 尾道 /広島

歓迎イベント太鼓演奏に飛び入り参加したメキシコの選手ら=広島県尾道市の尾道ふれいあいの里で、渕脇直樹撮影

 2020年の東京五輪に向け、メキシコの女子ソフトボール選手19人が尾道市で23日まで、事前合宿をしている。市内2カ所で練習に励む傍ら、さまざまな交流行事に参加して地元住民との交流を深めている。

 選手は7人のスタッフとともに12日に尾道市入りし、御調ソフトボール球場と県立びんご運動公園で練習。強豪で知られる県立御調高男女ソフトボール部と…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです