メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウンどうPR 村山で全国シンポ /山形

 2020年の東京五輪・パラリンピックで海外選手と地元住民との交流を深める「ホストタウン」の活動と地域活性化について議論するシンポジウムが25日、全国の自治体の担当者らが参加して、村山市で開かれた。

 内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の勝野美江参事官は基調講演で、岩手県野田村が静岡市と連携して中学生を主体にしたホストタウンの周知活動を行っている事例を挙げ「子どもたちが交流の主役に…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです