メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

応援ポロシャツ着用 佐久市職員ユニホームに マークと市ロゴ入り /長野

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催機運を盛り上げようと、佐久市は大会組織委員会が認めた応援グッズの五輪マーク入りポロシャツを製作し、28日から職員が着用を始めた。市によると、自治体の職員がユニホームにするのは県内では初めて。

 ポロシャツは左胸に東京五輪のマーク、左袖に市オリジナルの「FIGHT! NIPPON SAKU」のロゴマー…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです