メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

証言 1964年東京パラリンピック/下 「働く場を」日本の父奔走 創設携わった英の「父」から薫陶

留学中に記念写真に納まる中村医師(右)とグトマン医師=「太陽の家」提供

 1964年東京パラリンピック選手団長の中村裕(ゆたか)医師は、留学先の英国で「パラリンピックの父」と呼ばれたルートビヒ・グトマン医師と出会ったことを契機に、東京大会の実現に人生をささげることになった。ともに偉大な先駆者である故人が、東京パラリンピックを実現させるまでの逸話と、大会で浮き彫りになった課題を、肉親の証言から描く。【高橋秀明】

 初夏に中村医師の故郷、大分県別府市を訪れた。妻広子さん(79)は記憶を一つずつ呼び起こしていく。中…

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2053文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです