メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火出発地・福島、新たなスタート 牛繁殖再開へ、心強い知らせ

聖火リレーのスタート地点に選ばれたことを喜ぶ黒木敏彦さん=福島県南相馬市小高区で、高橋隆輔撮影

 2020年東京五輪の聖火リレーの出発地が東日本大震災の被災地、福島県に決まった。12日、大会組織委員会、東京都など関係団体による調整会議で了承された。復興途上の福島県は「心強い」と歓迎する。47都道府県の実施日も決まり、121日間のリレーのクライマックスを飾る開催都市の小池百合子都知事は「みんなで元気が出るような聖火リレーにしたい」と語った。

 「私はいま、新たなスタートを切ろうとしているところ。福島が聖火リレーのスタート地点に決まったのは心…

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文1862文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです