メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火リレー出発地は福島県に 同じ被災地、復興へ力 県内は6月20~22日 /宮城

全国40番目に

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会や政府の調整会議が12日あり、聖火リレーの出発地が福島県に決まった。石巻市は「世界中に震災からの復興が進んだ様子を示し、感謝を伝えたい」と出発地の誘致活動を展開してきたが、希望はかなわなかった。【百武信幸、本橋敦子】

 誘致委員会の事務局長として、活動をけん引してきた伊藤和男・市体育協会長(71)は「石巻ならなお良かったが、同じ被災地からのスタートで被災者も元気づけられるはず。『復興五輪』が忘れられなくて良かった」と無念の思いを抑えて、福島県を祝福した。

 この日の会議で、聖火リレーは20年3月に福島県をスタートして全国を巡り、宮城県には同6月20~22…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです