メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火県内から 「浜通りをルートに」 /福島

 「復興五輪」の象徴に--。2020年東京五輪の聖火リレーのスタート地点に12日、福島県が選ばれ、被災者らからは歓迎の声が上がった。県内を走る日程は東日本大震災から10年目に入る3月26~28日。ルートは今後決まるが、東京電力福島第1原発事故の風評の払拭(ふっしょく)など、課題を解決し復興する姿を見せる絶好のチャンスだけに、被災地の自治体は早くも「浜通りを確実にルートに」との要望が出ている。【柿沼秀行】

この記事は有料記事です。

残り1207文字(全文1410文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです