メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火リレー 県内は20年4月8、9日 県実行委設立へ /三重

 2020年東京五輪の聖火リレーの全国ルートと各都道府県での実施日程が12日決まり、県内は20年4月8、9日にランナーが駆け抜けることになった。県は来月末~9月上旬に県実行委員会を設立し、県内の詳細ルートやランナーの公募などを進める予定で、鈴木英敬知事は「多様な人々、地域が参加でき、三重県が誇る多様性を国内外に発信できるような聖火リレーの実現を目指したい」との談話を発表した。

 聖火リレーは20年3月26日に東日本大震災の被災地の福島県を出発し、121日間をかけて全国を巡る。…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです